お知らせ・イベント情報

【5/31実施】春の健康増進旅行「奥多摩 森林セラピーウォーキング」
情報更新日:2019/06/03

  ★ 奥多摩 森林セラピーウォーキングを楽しみました ★
〇5月31日(金)奥多摩の森林を歩き、こころと身体を癒してきました。
この日は、午前10時JR青梅線の鳩ノ巣駅に集合し、奥多摩駅までの約5kmのウォーキングを楽しみました。参加者はスタート前に、ガイドの「森林セラピーアシスター」からレクチャーを受けた後に、十分なストレッチをしてから歩き始めました。













       【スタート前のストレッチ】                【渓谷沿いを歩く】
〇まずは駅から多摩川まで遊歩道を下り、鳩ノ巣渓谷を川に沿って歩きました。耳に届く清流の音がとても心地よく感じられました。少し登りの続く山道を歩き、渓谷の東屋に到着。ここで少し早い昼食をいただきました。食事中は、深い緑と途切れない鳥の声に和まされ、参加者同士の会話もひときわ弾んでいました。













       【緑いっぱいの昼食】                     【森林のなかを歩く】
〇昼食後は、セラピーアシスターの案内を聞きながら、セラピーロードを歩いて森林浴を満喫しました。鳩ノ巣渓谷を抜けて、昭和38年に発電所の調整池として建設された白丸ダムを通り過ぎ、白丸湖畔の遊歩道を歩きました。













     【奥多摩式森林呼吸法を試みる】           【ハーブティーとクッキーで休憩】
〇ウォーキングも後半、セラピーアシスターの指導により、奥多摩式森林呼吸法で奥多摩の新鮮な空気を身体いっぱい取り込みました。また、足腰も少し疲れた頃には、奥多摩オリジナルのハーブティーと手作りクッキーをいただき鋭気を取り戻しました。
そして、午後3時過ぎには予定通り奥多摩駅に到着。心地よい疲労と奥多摩の自然に癒され、皆さん笑顔で帰途につかれました。