お知らせ・イベント情報

【5/25(金)東京シティガイドと行く東京まち見学会】~武蔵国の中心地に武将たちの足跡をたどる~
情報更新日:2018/05/28

東京シティガイドと行く「東京まち見学会」
武蔵国の中心地に武将たちの足跡をたどる













         【大國魂神社】                   【史跡整備地 武蔵国府跡】

〇今回は東京シティガイドの案内により、府中市内に残る「武蔵国」の史跡や社寺を訪れました。
500メートルにもわたる、国の指定天然記念物である「ケヤキ並木」の通りを歩き、府中市の歴史文化の中心、「大國魂神社」に向かいました。
〇645年の大化の改新の時、武蔵の国府が社有地におかれたことから「武蔵総社」となり、広い敷地内には、多数の文化財を見ることができました。
〇神社の東には、奈良時代の初めから平安中期にかけておかれていた、武蔵国府の跡が、現在、史跡整備地として見学できます。
〇その他、歴史にまつわるお寺を巡り、最後は分倍河原駅前に建つ「新田義貞像」の前で解散しました。
新緑のこの季節に、緑多い府中の町なかを歩き、心身ともにリフレッシュすることができました。
次回のまち歩きも多数の皆さまの参加をお待ちしております。

 次回の東京まち見学会
 9月14日(金) 「新宿に残る文人・画人の記念館を巡る」 ←ここをクリック